妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

貧血?妊娠中のめまいの原因と対処法

      2015/08/07

貧血?妊娠中のめまいの原因と対処法

妊娠中によく起こる症状の一つに、めまいがあります。急なめまいは本当につらいですよね。

なぜめまいが起こってしまうのでしょうか?

今回は妊娠中のめまいについて、原因や対処法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

妊娠中のめまいの原因って?

以下のことが原因で、妊娠中にめまいが起きてしまいます。

しかし、妊娠中のめまいはつわりの一種なので心配することはありません。赤ちゃんが順調に育っている証拠です。

1.貧血

妊娠中はお腹の赤ちゃんに酸素や栄養がいきやすいように血液量が増えますが、成分は増えないので鉄分が不足しがちになってしまいます。

その結果、貧血を起こしめまいを感じてしまいます。

2.ホルモンバランスの変化

妊娠中は、ホルモンの影響で自律神経が乱れて血管運動神経の働きが鈍くなってしまいます。

このため脳貧血の状態になってめまいが起きてしまいます。

3.低血糖

妊娠によって、インシュリンの分泌が増加します。

特に空腹時は血糖値が普段以上に下がりやすくなってしまい低血糖となりめまいを起こしてしまいます。

めまいが起きてしまったら!?

めまいが起きてしまったら、転倒を避けるため何かにつかまるかしゃがむようにしましょう。

その後、頭を低く足を高くして横になりましょう。

横になれないときは、膝をついて前かがみになり頭を下にしましょう

脳に血液が回るようにすることが大切です。

めまいを予防しましょう!

ゆっくりと行動する

急に立ち上がるとくらっとすることがあります。これは一時的な脳貧血になっていることがほとんどです。

頭を急に動かすような行動は避け、ゆっくりと動くようにしましょう。

規則正しい生活をする

自律神経の乱れによる貧血を予防するためにも、規則正しい生活を心掛けましょう。

とくにつわり中は食事のバランスや睡眠時間などが乱れやすいので、できる範囲で整えるようにしてくださいね!

鉄分をとる

貧血の解消に効果的なのが鉄分です。

レバーは食べ過ぎに注意したい食品ですが、ホウレン草やひじきなど鉄分を含んだ野菜を中心にメニューに取り入れるようにしましょう。

低血糖を防ぐ

低血糖を防ぐために、栄養価の高い、おやつなどを食べるようにすると良いです。

一度にたくさん食べずに数回に分けて食べるようにしてくださいね。

めまいが酷いときは病院へ

基本的に、妊娠中のめまいは心配しなくてもよいものですが、何回も起きたり症状が酷いときは無理をせずに医師に相談をするようにしましょう。

めまいは日ごろの生活で改善することができるので、自身の生活環境を見直してすこしでも妊娠生活を快適に過ごせるようにしてくださいね!

スポンサーリンク

 - 妊娠中期

  この記事の関連記事

スポンサーリンク