妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

つわりの種類と対処方法を知って辛いつわりを乗り切ろう!

   

つわりの種類と対処方法を知って辛いつわりを乗り切ろう!

妊娠中の最初の試練と言えばつわりですよね・・・。

妊娠して嬉しいけど、つわりはキツい!そんな妊婦さんに少しでも楽につわりと上手に付き合う方法をご紹介します。

どのタイプのつわり?

一言でつわりと言っても、人によってさまざまな症状が現れます。
代表的なのは吐きつわりと食べつわりですよね。

吐きつわりはとにかく吐き気に悩まされます。食べたら気持ち悪くなるので食事が取れなくなってしまうことも。

食べつわりは、空腹になると吐き気が起こります。だからといって食べ過ぎは禁物です。

その他にも

・においつわり
・眠りつわり
・よだれつわり

などあります。
どれもその名の通りですが、においつわりはにおいに敏感になり気分が悪くなります。

妊娠前に平気だったにおいが苦手になることもありますよ。
眠りつわりは常に眠い状態になります。車の運転など控えましょう。

よだれつわりは、つわりによりよだれが増えます。タオルをくわえたりペットボトルに吐き出すなどで対処します。

どうしてつわりが起こるの?

妊娠するとホルモンバランスが崩れます。それによりつわりが起こると考えられています。

また、精神的なストレスも関係していると言われています。

妊娠すると喜びも大きいですが、不安や心配事も出てきてしまいますよね。

つわりが楽になる方法は?

つわりには同じタイプでも症状があまりひどくない人もいます。

吐きつわりで苦しんでいる方は、無理に食べる必要はありませんが、水分が取れないほどひどい場合は遠慮せずに産婦人科で相談してみましょう。

少しでも食べることができる人は、これなら食べても気持ち悪くならない!という食べものが見つかると気持ち的にも楽になりますよ。

100%のジュースを製氷皿に入れて、好きな味の氷を作って舐めてみるなどどうでしょう。

温かい食べ物は湯気などで吐き気を誘うことがありますが、冷たい食べ物なら大丈夫という人もいるので、試してみて下さい。

食べつわりの人は一度にたくさん食べるのではなく、小まめに食事を取るようにしましょう。

空腹になって気持ち悪くなる前に、小さいおにぎりなんかをよく噛んで食べてみて下さい。だらだら食べていては体重が増えすぎてしまいますからね。

その他の症状にも、マスクをして匂いを避けるなど気持ち悪くなる原因となるものに近づかないようにしましょう。
電車やバスなど空気がこもる場所にもなるべく行かないようにして下さいね。

個人差がありますので、私には効果がなかったと落ち込まないで下さい。

自分の体調をしっかり把握して、今はゆっくり休んでお腹の赤ちゃんと過ごして下さいね。

辛い、辛いと考えてしまうと余計にストレスになって赤ちゃんによくありません。
旦那さんや先輩ママさんに相談したり、産婦人科で相談して乗り越えましょう!

スポンサーリンク

 - 妊娠初期

  この記事の関連記事

スポンサーリンク