妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

逆子(骨盤位)って治る?逆子の原因と治し方について

      2015/08/12

逆子(骨盤位)って治る?逆子の原因と治し方について

検診で「逆子ですね」と診断され、不安になっていませんか?

実は妊娠中、逆子と診断される人は意外と多いのです。

一度逆子と診断されても、次の検診では治っていたなんていうこともよくあります。

今回は逆子とはどういうものなのか?またその原因とリスク、治す方法などについてお話したいと思います。

逆子とは?

今まで羊水の中で色々姿勢を変えていた赤ちゃんも、体が大きくなり子宮がきつくなると一定の場所に落ち着いてきます。

そのとき普通は頭を下にした姿勢(頭位)になるのですが、まれに頭を上に向けている姿勢の赤ちゃんもいます。

これを逆子、または骨盤位と言います。

妊娠30週頃の逆子の割合は15%くらいですが、最終的に逆子のまま出産を迎えるのは全体の3~5%くらいです。

よって早い段階で逆子と診断されても、赤ちゃんの体が小さいうちはまだまだ姿勢を変えるので、そこまで心配する必要はありません。

逆子になる原因は?

逆子の原因としては以下のものがあります。

  • 多胎妊娠
  • 前置胎盤
  • 羊水過多、羊水過少
  • 子宮奇形
  • 胎児奇形
  • 子宮筋腫、卵巣嚢腫などの腫瘍
  • 骨盤が小さすぎる

しかし実際はこれらと関係なく逆子になっている場合も多く、医学的にはっきりとした原因は解明されていません。

逆子によるリスクは?

逆子と診断されても赤ちゃんの成長には問題ありません。

ただ出産にはリスクが伴います。

逆子の場合、経腟分娩だと赤ちゃんのおしりが先に出たあとに頭が引っかかりやすく、時間がかかりすぎることによって赤ちゃんが
低酸素状態になってしまうことがあります。

そうなってしまうと仮死や障害につながる危険もありますので、ほとんどの場合、帝王切開での出産となります。

また破水しやすく、破水すると頭位のように子宮口に栓をしてくれるわけではないので、どんどん羊水が流れていき、へその緒が
先に出てしまう臍帯脱出になりやすいと言われています。

臍帯脱出になると赤ちゃんへ十分な酸素供給ができなくなり危険な状態になります。

逆子の治し方

逆子には赤ちゃんの位置を正常に戻す体操、「逆子直し体操」があります。

①胸膝位(きょうしつい)のポーズ

image0107

出典:http://ameblo.jp/nagaohari/

うつぶせになって膝を曲げ、おしりをできるだけ高く持ち上げ、5~15分くらいキープします。

②側臥位(そくがい)のポーズ

image0108

出典:http://ameblo.jp/nagaohari/

赤ちゃんの背中側が上になるように横向きに寝ます。
(どちらが上になるかは医師に指示をもらってくださいね)

この状態を10分保ちます。

このほか「外回転術」といって医師がお母さんのお腹の外側に力を加えて逆子の状態を治す方法もあります。

ただしリスクもあることから最近ではあまり行われていないようです。

逆子体操をするときは自分の判断で行うのではなく、必ず医師の指示を受けてからにしましょう。

またこれをすれば必ず治るというわけでもないので、あまり神経質になりすぎないようにしましょう。

臨月になっても逆子が治らない場合、そのまま逆子で出産になる確率が高いでしょう。

帝王切開での出産を否定的に考える人もいますが、一番大切なのは母子ともに安全であるということです。

頑張って元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

スポンサーリンク

 - 妊娠後期

  この記事の関連記事

スポンサーリンク