妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

妊婦がBBQに参加する際はトキソプラズマに注意!

      2015/07/10

妊婦がBBQに参加する際はトキソプラズマに注意!

夏といえばBBQ!楽しみですよね!

しかし妊娠中はこれまでと違って、注意しないといけないのがトキソプラズマです!

妊娠初期に感染すると赤ちゃんに怖い影響が出ることもありますのでしっかり勉強しておきましょう!

トキソプラズマってなに?

トキソプラズマとは寄生虫です。けっこうどこにでもいるもので一定の温度を持つ動物や人間に感染します。

身近な動物だと生肉をえさとして好んで食べること猫がトキソプラズマの宿主としては一番メジャーです。

他には生肉についていたり、驚くことに土や木々にもいるんだそうです。

65度以上で加熱しないと死にません。

怖い胎児への影響

妊娠中にお母さんがトキソプラズマに感染すると胎児に影響が出る可能性があるといいます。

症状としては目や脳に障害が出るケースも。この場合は先天性トキソプラズマ症と診断されますが残念ながら日本でも実際に起こっています。

お母さんが感染したからと言って100%赤ちゃんが感染するとは限りませんが、もしそうなった場合、赤ちゃんへのなんらかの影響が出るのは高確率とも言われています。

もしこれまでの感染が心配なようなら妊婦検診の血液検査で調べてもらうことも可能です。

早く発見できれば治療ができることもありますので心配な場合は病院で問い合わせてみてください。

ちなみに妊娠前に感染していても影響はないとされており、注意するのは妊娠中の感染となります。

BBQでトキソプラズマに注意するのはなぜ?

生肉からの感染

トキソプラズマに感染する原因として生肉を食べることがあげられます。

普段はおうちで料理するので自分で気をつけられますがBBQでは、みんな開放的な雰囲気からついつい生焼けになったり、外ということもあり衛生面もはやりちょっと気をつけたいですよね。

表面が焼けていても中に十分火が通ってないなんてことも考えられますので注意してください!

ハムやソーセージ(特に外国産)にも注意してください。

木や土、砂場などにも注意

トキソプラズマの宿主として猫がメジャーだと紹介しましたが、猫のフンと一緒にそのトキソプラズマの卵が一緒に排泄されることがあり、そこからの感染にきをつけたいもの。

なので野外BBQの場合は木や土、砂場などにも注意してください。

手に付着して口から感染ということもあります。

お肉には十分火を通して食べること!
土や木を触ったらしっかり手洗い消毒をすること!

そしてもちろん野外なので怪我なく、無理をしないようにして楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

 - 病気

  この記事の関連記事

スポンサーリンク