妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

妊婦の貧血予防に効果的!鉄分を多く含む食材

      2015/09/04

妊婦の貧血予防に効果的!鉄分を多く含む食材

妊婦さんの約3割が経験すると言われている貧血。

貧血を起こすと体調不良だけでなく、お腹の赤ちゃんに何か悪い影響があるのでは?と心配になりますよね・・

妊娠中貧血にならないためには、普段以上に食事を見直すことが大切です。

今回は貧血予防に効果的な食材についてのお話をしたいと思います。

妊婦はなぜ貧血になりやすい?

妊娠すると赤ちゃんに栄養を送るためママの血液の量は増えるのですが、増えるのは水分がほとんどなので、血液は薄まった状態になります。

しかし赤ちゃんは自分の血液を作っていくためにママの血液からどんどん鉄を吸収していってしまうため、ママは貧血を起こしやすくなります。

貧血になるとどうなる?

貧血になると疲れやすくなったり、めまいを起こしたりします。

また動機や息切れ、頭痛の症状なども起こります。

貧血が悪化してしまうと、出産時にお産が長引いたり、出血量が増えたりといったトラブルを招いてしまったり、また産まれてくる赤ちゃんの発育が悪くなってしまう心配もあります。

貧血予防に効果的な食材は?

貧血を予防するには鉄を多く含む食品を意識して摂取することが大切です。

鉄を多く含む食材には以下のものがあります。

○レバー
○肉類
○あさりやシジミ
○小松菜やホウレンソウ
○カツオ
○ひじき
○プルーン

レバーなどはトキソプラズマ感染の原因ともなりますので、しっかり火を通して下さいね。

体内での鉄の吸収を良くするためには、これらの食品と一緒に「ビタミンC」や「たんぱく質」を多く含む食品を摂取すると良いでしょう。

ビタミンCには造血効果もあると言われています。ビタミンCを多く含む食品にはピーマンやブロッコリー、レモン、たんぱく質を多く含む

食品にはしらすや大豆などがあります。

メニューを考えるときにはぜひこれらの組み合わせを意識すると良いでしょう!

また、それとは逆に鉄の吸収を悪くしてしまう組み合わせというのもあります。

それは緑茶やコーヒーに、紅茶に含まれる「タンニン」です。

せっかく意識して鉄の多い食品を摂取しても体内での鉄の吸収が妨げられてしまうのでは勿体ないですよね・・。

これらを摂取するときは時間をあけるなどして上手く調整してくださいね。

最後に

貧血もひどくなると食事だけでは改善するのが難しくなってしまいます。

その場合、病院で鉄剤を処方してもらえますので主治医に相談してみてくださいね。

またつわりなどで食事から鉄を摂取することが難しい場合は、サプリを有効的に使うのも良いと思います!

貧血を予防&改善して快適な妊婦生活を送りましょうね。

スポンサーリンク

 - 健康

  この記事の関連記事

スポンサーリンク