妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

妊娠中の貧血に注意!妊娠中期になりやすい妊娠性貧血の原因

   

妊娠中の貧血に注意!妊娠中期になりやすい妊娠性貧血の原因

妊娠中は貧血になりやすくなります。妊婦さんの3~4割が妊娠中に貧血を経験していると言われています。

もとから貧血の人はもちろん、今まで貧血を経験していない人まで貧血になってしまうので、妊娠中は特に貧血に気をつけなければいけません。

今回は妊娠中期になりやすい妊娠性貧血の原因についてお話させていただきたいと思います。

貧血とは?

貧血とは血液中に含まれている赤血球やヘモグロビンが不足している状態のことを言います。

妊娠中期に貧血になるのはなぜ?

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を送るため、ママの血液量が増加します。

しかし血液量が増加しても赤血球はあまり増えずく水分が増えるだけなので、血液は水っぽく薄まった状態になります。

妊娠中期になるとお腹の赤ちゃんは自分で血液を作っていくためにママの血液から鉄を吸収するようになっていくので、ママの血液中の鉄分が減ってしまい、鉄欠乏性貧血を起こしやすくなるのです。

貧血になるとどんな症状が出る?

貧血になると以下のような症状があらわれます。

  • 立ちくらみがする
  • 疲れやすくなる
  • 息切れする
  • 頭痛がする

貧血が悪化してしまうとお腹の赤ちゃんが低体重出生児になったりといった悪い影響をおよぼしてしまうこともあります。

また出産時に出血の量が増えてしまったり、母乳が出にくかったりといった影響もあるので、貧血が悪化する前に改善するようにしましょう。

どのような予防が効果的?

貧血を予防するのに効果的なのは、やはり普段の食事に鉄を多く含む食品を意識して取り入れることです。

鉄分が多く含まれている食品にはレバーやほうれん草、ひじきなどがありますが、これらと一緒にビタミンCを含む食品を一緒に摂取すると体内での鉄の吸収が良くなります。

このほか血液細胞を作るためにはタンパク質も必要になってきますので、こちらも意識して食事に取り入れるようにしましょう。

 

私自身は2人目妊娠中、妊娠7か月頃から出産まで貧血に悩まされました。

入院していたので、食事は妊婦さん用の鉄分が多いメニューでしたが、それでも貧血は改善されず、結局処方された鉄剤を毎日飲んでいました。

この鉄剤はお腹の赤ちゃんへの影響は全くないということだったので安心して飲むことができましたよ。

鉄剤は人によっては胃がムカムカしたりするみたいなので、そのようなときは医師に相談してくださいね。

最後に

妊娠中は貧血の症状を感じていなくても、貧血になりやすい状態だということを意識して食事のメニューを考えるようにしましょうね。

貧血も軽度のものなら心配いりませんが、悪化すると大変ですからね。

まずは予防をしっかり、それでも貧血がひどくなってしまったときは医師の指示に従い、貧血を早めに改善しましょうね。

スポンサーリンク

 - 健康

  この記事の関連記事

スポンサーリンク