妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

妊娠初期に下痢が続く原因と対処法

   

妊娠初期に下痢が続く原因と対処法

妊娠初期、妊婦さんに起こりがちな症状に下痢があります。

妊娠初期の下痢の原因や解消法は?流産の危険はないの?といったことについてまとめました。

下痢に悩んでいる妊婦さん、ぜひ参考にしてくださいね!

妊娠初期に下痢になる原因って?

妊初期の下痢の原因は1つではありません。ここでは下痢の原因5つとその対策方法をご紹介します。

1.ホルモンの分泌

妊娠すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されます。

このホルモンが急激に分泌されることによるホルモンバランスの乱れや、プロゲステロンというホルモンが腸の運動を抑制し腸内の水分を奪ってしまうことから下痢が引き起こされることが多いです。

対策

この場合は、胃腸に負担をかけないように食事をとることがポイントです。

具体的に、「1回の食事量を減らして数回に分けて食べる」「消化・吸収の良いものを食べる」「よく噛んで食べる」といったことを心掛けるようにしてください。

2.脂ものの食べ過ぎによる消化不良

妊娠中は胃腸が弱くなりがちです。脂っこいものは特に負担がかかります。

栄養バランスを考えて、偏った食事はしないように気をつけましょう。

3.冷え

妊娠中はホルモンバランスの変化によって体温調整が上手くできなくなったり、血行が悪くなったり、つわり中に冷たいものを好んで食べたりと、体が冷えやすい状態になっています。

その結果、腸が異常収縮して下痢になってしまします。

また、お腹の冷えは流産のリスクを高めてしまうので、気をつけてくださいね。

対策

体が冷えないように腹巻や靴下をはくといった事や、お風呂につかる、温かい食べ物や飲み物を積極的に摂るなど普段の生活の中で冷え対策をしっかりしましょう。

4.精神的なストレス

寝不足などによる生活リズムの乱れや、社会生活の中での精神的なストレスが原因で下痢が引き起こされることがあります。

生活リズムを整え、なるべくストレスがかからないような生活を送れるように心がけましょう。

5.貧血の薬の副作用

妊娠中は貧血になって、鉄剤を服用する方も多くいます。この鉄剤が原因で下痢になってしまうことがあります。

自己判断で服用を中止することはせず、かかりつけのお医者さんに相談してくださいね。

流産の危険はないの?

下痢と流産はほぼ関係がありません。

たまたま、流産と下痢が重なってしまった場合が多く、直接の原因とはならないようなので安心してくださいね。

しかし、下痢が原因で子宮が収縮してしまったり、栄養が十分に摂れないといったことにならないよう、普段の生活で下痢にならないように心がけることは大切です。

冷えと食事は特に注意して

下痢になってしまうと、体に大きな負担がかかってしまいます。

お腹の赤ちゃんのために元気でいるためにも、下痢にならないように食事や冷えには特に気をつけるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 - 健康

  この記事の関連記事

スポンサーリンク