妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

妊娠中の便秘を何とかしたい!妊婦さんに効果的な便秘解消法

      2015/07/10

妊娠中の便秘を何とかしたい!妊婦さんに効果的な便秘解消法

妊娠中、便秘に悩まされる妊婦さんはたくさんいます。

わたしもその1人でした。1週間排便がない・・・なんてことも。
便秘によるお腹の張りや不快感、どうにか解消したいものですよね。

妊娠中の便秘についてしっかり理解し、頑固な便秘とお別れしましょう!

そもそも便秘ってどんな状態のことをいうの?

便秘とは「便秘=毎日排便がない」ではありません。

2~3日排便がなくても、お腹の張りや不快感がなければ便秘ではないのです。
では便秘とはどのような状態なのでしょうか?一般的な症状を以下にまとめました。

・お腹の張り、不快感がある
・排便はあるが、コロコロしている
・排便はあるが出し切ってない感じがする
・便意はあるが、硬すぎて出てこない
・排便がない

切迫流産・早産などの子宮収縮による張りと、便秘の張りは位置が近く区別がつきにくいため判断を誤ってしまう妊婦さんもいます。

上記の症状に当てはまる項目があれば便秘を疑って、できるだけ早く改善するようにしましょう。

妊娠中、どうして便秘になっちゃうの?

便秘の原因は、以下のようなものがあげられます。

妊娠によるホルモンバランスの変化

女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が多くなり、その影響で腸の運動機能が低下し、便秘になりやすくなります。

子宮による腸の圧迫

赤ちゃんが大きくなるにつれて、子宮も大きくなり腸を圧迫してしまいます。
圧迫された部分の腸管が狭くなり便が詰まってしまい便秘になってしまいます。

水分不足

特に妊娠初期でつわりに苦しむ妊婦さんは十分に食事や水分をとれず、これが便秘の原因へとつながります。

ストレス

妊娠中はさまざまなことでストレスを感じてしまうことが多いと思います。

腸は自律神経と深く関係しているため、ストレスを感じると腸の動きが鈍くなってしまいます。

食事内容を見直して、便秘を解消しよう!

便秘の解消にはやはり食事の見直しが大切です。便秘解消に役立つ食材を積極的に取り入れましょう。

食物繊維

まず思い浮かぶのが食物繊維ではないでしょうか?食物繊維には「不溶性」と「水溶性」があることを知っておきましょう。

不溶性食物繊維(穀類・野菜・豆類)と水溶性食物繊維(海藻類やネバネバした食べ物)は2:1が理想といわれています。バランスよく、意識して摂るようにしましょう。

とくに寒天は水溶性と不溶性の食物繊維の両方が合わさっているといわれ、排便量を増加させたり、便を柔らかくする効果が高いと言われているのでおすすめです。

乳酸菌+オリゴ糖

乳酸菌は善玉菌として腸内で活動してくれますので、ヨーグルトなどで積極的に摂りましょう。

さらに、オリゴ糖は乳酸菌のエサになるので一緒に摂ると乳酸菌の動きが活発になるのでおすすめです。

あとは意識して水分(白湯がおすすめ)をとるようにするといいですね。

適度な運動も心掛けてください。

何をやっても便秘が解消されなくて辛い!

便秘が続いて辛い時は我慢せず産婦人科で相談しましょう。
妊婦さんでも飲める、便を柔らかくして排便を促す薬を処方してくれるはずです。

妊娠中はほとんどの方が便秘に悩みます。

恥ずかしがったり我慢したりせず、悪化する前に相談してくださいね。
わたし自身も産婦人科でお薬を処方していただき、辛い便秘から解放されてほっとしました!

妊娠中はさまざまなトラブルに見舞われがちですが、ストレスフリーな状態がお腹の赤ちゃんの成長にとっても大切なことです。

解決できる問題は早めに対処して楽しい妊娠ライフを送ってくださいね!

スポンサーリンク

 - 健康

  この記事の関連記事

スポンサーリンク