妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

妊娠してからよく鼻血が出る?鼻血が出る原因と胎児への影響

      2015/07/10

妊娠してからよく鼻血が出る?鼻血が出る原因と胎児への影響

今まであまり鼻血を出した事がない人なら、急に鼻血がよく出るようになってしまうととても心配になりますよね。

妊娠中に鼻血がよく出る原因と胎児への影響、そして止め方についご紹介します。

妊娠してから鼻血がよく出る・・・これって異常なの?

妊婦の5人に1人が悩まされていると言われるぐらい、妊娠期に鼻血が出ることは珍しくありません。
では、なぜ妊娠すると鼻血が出やすくなるのでしょう。

鼻血が出やすくなる原因は大きく2つあります。

原因1 血流の増加によるもの

妊娠すると胎児へ栄養を送らなくてはいけなくなり、血液が増えます。
血液の量が増えると今度は血液を固める働きをする血小板が相対的に減ります。

その結果、一度鼻血が出てしまうと止まりにくくなります。

原因2 ホルモンバランスに影響によるもの

妊娠により、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増加します。それにしたがい、鼻の粘膜へも血流量が増えます。

その結果、鼻の粘膜は柔らかくなり出血してしまいます。

鼻血だけでなく、歯茎から出血してしまう人もいるんですよ。

胎児への影響は?

基本的には影響ないと言えます。しかし、血液を通じて胎児に栄養を運んでいますから、貧血には気をつけましょう。

鼻血が出やすい時期には個人差があり、初期に鼻血が出やすい人もいれば臨月近くなっていきなり出るようになった人も。

止める方法は?

顔は下向きにして、小鼻をギュッと5分~10分ほどつまんで安静にしておきましょう。

妊娠全期間において、鼻を強くかんだり鼻の粘膜を刺激するようなことは控えましょう。

こんな止め方は間違い!

上を向いたり鼻にティッシュなどの詰め物をしてはいけません。
出血時に上を向くと血がのどに流れてしまいます。妊娠の時期によっては気持ち悪さが増してしまいます。

よく子どもが鼻血を出した時にティッシュを詰める事があります。

しかし、鼻の入り口を塞ぐだけでは止血の効果があまりありません。もしティッシュなど詰める場合、出来るだけ長く奥まで詰めるようにして出血している部分を圧迫できるように。

こんな時は病院へ!

鼻血がなかなか止まらない、出血の量が多い。それに頻繁に鼻血が出る場合は高血圧や貧血のリスクがあります。
吐き気や立ちくらみがある場合は、ホルモンバランスの変化により自律神経に異常がある可能性も。

少しでも不安に感じることがあれば遠慮なく産婦人科に相談しましょう。

妊娠期の鼻血については多くの妊婦さんが体験しており過度な心配は要りません。

しかし、症状が長く続いたり出血の量が多い場合は産婦人科へ相談しましょうね。

スポンサーリンク

 - 健康

  この記事の関連記事

スポンサーリンク