妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

妊娠7ヶ月どんな時期?吐き気の原因は?

      2018/03/22

妊娠7ヶ月どんな時期?吐き気の原因は?

妊娠7ヶ月(妊娠24週~27週)は妊娠中期の後半の時期です。

この時期によくある症状は、眠気や吐き気、むくみがあったり、お腹もだんだんと大きくなってくるので腰に負担がかかり、腰痛なども。

妊娠7ヶ月という時期は、お母さんの身体はどの様な変化が起きているのでしょうか?

また、今回は中でも妊娠7ヶ月の吐き気について詳しくご説明します。

妊娠7ヶ月ってどんな時期?

妊娠7ヶ月になると、ほとんどの人が周りの人からも妊娠していることを気付いてもらえるくらいお腹が目立ってきます。

お腹が大きくなることで身体にも負担がかかる様になります。

それにより腰や背中が痛くなったり、子宮が圧迫され苦しかったりします。

寝るときも大きなお腹が原因で血行が悪くなることから、足をつりやすくなったり、寝る時の体制も仰向けでは苦しくなってきます。

更にお腹やおっぱいが大きくなることから、妊娠線ができやすい時期でもあります。

このように妊娠7ヶ月は様々な変化が起こります。

症状がおこるにつれ、気をつけた方が良いこととはどのようなものがあるのでしょうか?

腰への負担をなくす

少しでも腰の痛みを減らし、お腹の支えのためにもマタニティーガードルを使うことをオススメします。

私もこれを使用するようにしてからは、腰の痛みが軽減されたので、姿勢も良くなりとてもよかったと思っています。

また、お腹を覆うので冷え対策にもなりますね。

ストレッチもオススメです。

産院などでマタニティヨガの教室が開かれている事もあるので、是非調べてみてください。

足をつらないようにする

足を夜中寝てる時、つってしまうと痛くて飛び起きてしまいます。

ほとんどの人がふくらはぎの部分がつり苦労してるようです。

足がつりそうだと思ったら、その部分の筋肉を伸ばしてあげることが大切です。

ふくらはぎであったら、つま先を膝側に上げて足を伸ばしてみてください。

足がつってしまう理由は、身体が変化してしまったことでの足の負担や、カルシウム・ビタミンB1・マグネシウムが不足してしまう事などが挙げられます。

妊娠中の今しかゆっくり寝ることができないので、原因をつきとめて少しでも寝られると良いですね。

寝る時の体制の工夫

お腹が大きくなると、仰向けで寝ることは苦しくなってくるので、横向きになり寝るようにしてみてください。

左側を下にして眠る、シムスの体位がおすすめです。

それでも辛い時は、横向きで寝て、長いクッションなどを足に挟むなど工夫してみてください。

因みに私は横向きで眠ることができず、臨月でも膝を立てれば問題なく仰向けで寝れていたので、だいたい仰向けで眠っていました。

妊娠線の予防

妊娠線が出来やすいこの時期は、特にケアが必要になります。

妊娠線は一度出来てしまうと消えることはないので、出産後にだんだんと無くなる正中線とは異なり、身体に残ることになります。

予防にはクリームやオイルなどいろいろな種類や香りがあるのでお好みのものを見つけてください。

 

妊娠7ヶ月赤ちゃんの様子


妊娠7ヶ月の27週頃に入ると赤ちゃんは身長約36cm、体重は約1000g程度まで成長しています。

しかしこれには個人差があり、マイペースにゆっくり成長している赤ちゃんもいれば、ぐんぐんと標準より大きな赤ちゃんもいます。

我が子も標準の大きさと比べると少し小さく平行しながら成長していきました。

この時期に赤ちゃんは脳が急激に発達するので音や味に反応することもあります。

お外のお母さんの声やお父さんの声はもう赤ちゃんに聞こえているので、胎教をしてみるのも良いかと思います。

他にも肺呼吸の練習として、しゃっくりをすることもあります。

初めて感じる時は胎動とは違い、「ピクッピクッ」と短い時間に連続で起こる動きにビックリするお母さんもいると思います。

元気に動く姿は本当に愛おしいですよね。

 

吐き気を改善させるためには?

妊娠7ヶ月の吐き気の原因はホルモンバランスや赤ちゃんが大きくなることで、子宮が大きくなり胃が圧迫されておこるものです。

赤ちゃんが大きくなっている証拠なので、嬉しいことなのですが、吐き気が続くと辛いですよね。

そこで、改善方法としては少しずつ小分けにして食べるということです。

量を減らすだけではなく、回数を多くする事をおすすめします。

少し食べてお腹いっぱいになりますが、すぐお腹が空いてしまってたので、私は5回ほどに分けて食べていました。

他にも消化に良いものを選んだり、吐き気が出来るだけ起きぬように工夫してみることが大切です。

また、便秘が原因の場合もあります。

妊婦に便秘は大敵ですので、病院で便秘薬を処方してもらったり、バナナなどの食物繊維やヨーグルトなどで便秘対策してみるのも良いかもしれません。

妊娠7ヶ月は妊娠中期も後半、妊娠8ヶ月からは妊娠後期に入ります。

妊娠初期のつわりから始まり、身体の変化と共に赤ちゃんと会えるまでの日々を楽しみにしながら過ごしてきたと思います。

残りのマタニティー生活、妊娠中でしか感じられない胎動の時を大切にしてくださいね。

スポンサーリンク

 - 妊娠中期, 健康

  この記事の関連記事

スポンサーリンク