妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

こんなに増えるなんて!妊娠中の太り過ぎに気付いたら実践したいこと

      2017/10/21

こんなに増えるなんて!妊娠中の太り過ぎに気付いたら実践したいこと

つわりも落ち着き、やっと自分の身体と赤ちゃんの健康について気遣うことのできてくる妊娠中期。

明日は一ヵ月ぶりの検診!なんて時に、体重を量って愕然としてしまったという妊婦さんは意外と多いはず。

今までの自分の身体とは違う妊娠中の身体。

妊娠前と同じ生活習慣のはずなのに、みるみるうちに体重が増えていた、なんて人は意外と多いんです。

今からでも遅くない!今回は、そんな妊娠中の体重増加の対処法をまとめました。

 

今すぐ始めたい!妊娠中にできる5つこと

まずは生活習慣を変えることが大切。

とはいえ、妊娠中の身体は自分だけのものではないので激しい運動や、過度の食事制限はNG!

妊娠中におすすめのダイエット方法はこちら。

レコーディングダイエット

妊娠中、自分が口にしたものや毎日の体重を記録して、食生活を見直すことはとても大切です。

妊娠中は食べつわりをはじめ、ついつい自分を甘やかしてしまい、知らず知らずのうちにスイーツやジュースを口にしてしまいがち。

毎食はもちろん間食もしっかり記録することで、食べたもの、飲んだものを把握しておきましょう。

ズボラでついつい忘れてしまうなんて人には、スマホで写真として記録しておいたり、インスタグラムなどのSNSに記録しておくのもおすすめです。

適度な食事制限と栄養管理

先ほども記した通り、意外と口にしているものが多い妊娠中。

実際に妊娠期に必要なカロリーは、成人が一日に必要なカロリーが1800-2200カロリーに対して、妊娠初期は+50カロリー。

中期は+250カロリー、後期には+450カロリーとされています。

実は意外と少ないと思う方も多いかもしれません。

適正カロリーを知ることで、自分の食べ過ぎ等がわかると思うので参考にされて下さいね。

ウォーキング

気軽にできる運動としてはウォーキングがおすすめです。

〇〇kmや〇時間など制限を付けず、おなかが張ったら休憩したり水分補給を頻繁に行い、自分の身体と相談しながら家の近くをウォーキングするように心がけましょう。

また万が一のことを考え、母子手帳の携帯は必ず行うようにしましょう。

産後に赤ちゃんとお散歩できる公園など見つけながらウォーキングするのも良いですね。

マタニティヨガ

妊娠期の運動として人気のマタニティヨガ。

できる時期は安定期からとされていますが、必ず主治医に相談してから行うようにしましょう。

また、ヨガにもいろいろ種類がありますので、必ずマタニティヨガを選択しましょう。

マタニティヨガ教室はもちろん、マタニティヨガの本や動画を使えばより気軽にチャレンジできますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

安産マタニティ・ヨガ [ 森脇じゅん ]
価格:1468円(税込、送料無料) (2017/10/16時点)

 

私は妊娠前から少しヨガをしていたので、自宅でもやりたくて、こちらを購入しました。

呼吸法から基本動作まで細かく解説してあり、初心者でも始めることができるのでおすすめです。

マタニティスイミング

近くにプールなどの施設がある人はマタニティスイミングもおすすめです。

スイミング教室では、同じ時期の妊婦さんに出会うこともできるので、マタ友との交流の場としても活躍してくれます。

 

赤ちゃんと自分自身の身体のために

私自身、つわりで苦しんだので安定期に入り食欲が爆発し、3キロ増え注意された事があります。

ですが、増えすぎると様々なリスクに見舞われてしまいます。

赤ちゃんはもちろん、自分自身の身体のためにも、妊娠期の体重管理は大切です。

ストレスにならない程度に、また、主治医の先生と相談しながら素敵なマタニティライフを過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

 - 妊娠中期, 妊娠後期, 健康

  この記事の関連記事

スポンサーリンク