妊活・妊娠・出産を応援する ハッピー妊婦さん

妊娠・出産に悩めるプレママを応援するマタニティサイトです。妊活、妊娠、出産と段階ごとの妊婦さんの悩みや不安をすっきり解決します。

妊娠中に腰が痛い。。こんな時って湿布使っても良かった?

   

妊娠中に腰が痛い。。こんな時って湿布使っても良かった?

妊娠してみて初めて経験することって、結構たくさんあります。

多くの人が経験することから、少数の人しか経験しないことまで。

そんな「妊娠あるある」のなかでも多数派と言えるのが、妊娠中の腰痛です。

妊娠前までは腰痛とは無縁だったという人も、だんだんと大きくなってくるお腹を支えるために、妊娠後期には「腰が痛い!」なんて状態になっているかも。

そんな妊娠中の腰痛になってしまった場合、一番手軽にできる腰痛対策、湿布の使用はOK?NG?妊娠中の湿布の使用について、気になることを調べてみました。

コリや痛みにスースーと気持ちの良い湿布、妊娠中の利用は?

 

妊娠中は初期から後期を通して、腰痛を訴える妊婦さんがとても多くいます。

私も妊娠後期に腰痛を経験しましたが、一番痛みがひどい時では歩けなかったほどです。

妊娠前であれば、肩こりや腰痛といった症状を感じれば手軽に利用できる湿布などを使用していたのですが、妊娠中も使用可能でしょうか。

湿布は「張り薬」であるため、直接体内に入れる「内服薬」などに比べると問題がなさそうに感じます。

しかし、妊娠中というのはあらゆる「薬」の摂取に敏感にならなければいけません。

本当に湿布は使っても問題ないのか?市販の湿布の効き目や有効成分など、気になる点を調べてみました。

 

湿布の効き目とは?

湿布と言えば、コリや筋肉痛の箇所に張ってスースーと気持ちが良くなり、痛みを軽減してくれる貼り薬ですが、そういった効き目は鎮痛消炎剤が配合されているからです。

鎮痛消炎剤には有効成分の違いによってさまざまな種類があります。

よく聞かれる成分としてはインドメタシンや、サリチル酸メチル、アスピリン、ロキソプロフェンなどがあります。

そしてこれらは痛み成分の生成を阻害したり、血管の拡張作用、知覚神経の麻痺作用などを持ち、これらの作用が痛みに効くということになります。

 

妊娠中にOKな湿布、NGな湿布とは?

湿布は内服薬ではないため、使用にあまり抵抗がない妊婦さんもいます。

しかし実際には湿布を張っても良い時期や、成分、湿布の種類によっては使用には注意が必要なんです。

市販の湿布薬の注意書きには、「妊婦又は妊娠していると思われる人は使用しないこと」と書かれているものもあります。

基本的には注意書きに記載がないものであれば使用は可能ですが、第三類医薬品ならOK、それ以外(第二類、第一類医薬品)は注意が必要と覚えましょう。

市販薬は、副作用の発生状況、販売実績、使用難易度などを考慮してリスクレベルが分類されています。

要指導医薬品 > 第1類医薬品 > 指定第2類医薬品 > 第2類医薬品 > 第3類医薬品

一般的にリスクが高いほど、薬の効果が高く、副作用も強い傾向にあります。

引用:http://medicine-helper.net/archives/99

 

もし妊娠中に湿布薬を使用してしまったら・・・、赤ちゃんへの影響は?

 

妊娠に気づく前に湿布を使用してしまった、または使用してはいけないことを知らずに利用してしまったなどといった場合、赤ちゃんへの影響はどうなるでしょうか?とても心配になりますよね。

妊婦さんの湿布の使用で気を付けなければならないのは特に後期だと言われていて、これには下記のような理由があります。

消炎鎮痛剤の重要な働きの一つは、炎症が周囲に広がらないように、血管を収縮させ、炎症物質を閉じ込める事です。

胎児には、動脈管という命綱のように重要な血管があり、その血管が閉じると心臓が止まります。非常に稀な例ですが、強力な血管収縮作用がある消炎鎮痛剤のインドメタシン、ボルタレンなどを含有した外用消炎鎮痛剤で、不幸にも胎児の心臓が停止した症例が報告され、使用禁止になりました。

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/418007/

湿布を使用することで赤ちゃんが命を落とすことがあるなんて驚きです。

しかし、稀とは言えこのような事実がある以上、妊娠中、特に妊娠後期の湿布の使用は避けるべきですね。

それに比べて、妊娠初期の湿布(強くないもの)の使用はあまり心配は要らないと言われています。

 

いろんな事に注意が必要な時期です

妊娠中はさまざまなことに注意が必要ですが、湿布も安易に使用するのは避けた方がいい物のひとつなんですね。

妊娠中は「湿布くらい大丈夫!」と思うのではなく、「これは大丈夫?あれは大丈夫?」という目線が必要なのだと思います。

もし妊娠中に知らずに使ってしまった湿布のことで心配なことがあれば、使用した湿布を持参して担当医師などに相談してみましょう。

きっと安心できる答えが返ってきます。赤ちゃんを守ってあげられる一番身近な人はママです。

いろんなことに注意して、ママにとっても赤ちゃんにとっても安全で安心できるマタニティライフを過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

 - 妊娠初期, 妊娠後期, 健康

  この記事の関連記事

スポンサーリンク